ふるさと納税で利用者も地方も両者お得になる

寄付を貰う

日本では、今後、超高齢化社会と少子化が予測されており最大の行政の課題ともいえます。かつてのベビーブームにおいては子供の数が多く、老後の負担についても不安はありませんでした。しかし、現在においては少子化と高齢化社会が同時に起きており、これからの税収には不安があります。その対策として政府がふるさと納税という新しい制度を設けました。ふるさと納税は、ある一定の制限や限度があるものの各々が選らんだ地方自治体に対して納税という形で寄付を行うという制度です。これにより、財政の苦しい地方自治体においては税収額が増える事により、政策を行う事が出来るようになりました。納税者に対しては、その地方自治体によりますが特典として名産物などが送られてくることもあります。

ふるさと納税制度によるメリットは、ふるさとを離れて暮らしている人でも、愛する故郷のために納税をする事ができ、その地域に貢献する事が可能となります。ふるさと納税は、各地方自治体に対してのメリットだけではなく寄付した納税者に対してもメリットがあります。そのメリットとは、税金面において寄付した金額とほぼ同様の金額が税額控除されます。また、自治体によりことなりますが、寄付された各地方自治体からその地域の名物や名産などが特典として送られてくる事もあります。自治体によっては寄付した金額に近い特典を送ってくることもあります。これらを総合的にみると寄付金は、後に税金面で優遇されますので、自己負担額は実質数千円程度で済みます。納税する事によって、税金面での控除と特典によりこれからも益々増えてくることが予想されます。