ふるさと納税で利用者も地方も両者お得になる

ネットで調べる

ふるさと納税制度が実施されて以降口コミ情報を含めて広く世の中に伝わってふるさと納税制度を利用する人が増えています。ふるさと納税制度はインターネットなどで納税の見返りに実施される贈り物等をチェックして自分の気に入った地方自治体に寄付をする制度です。地方自治体からは当地の名産品などが送られてくると同時に寄付金の受領書が送付されます。ふるさと納税を行った人は寄付金の受領書を添付のうえ確定申告を行うと本来支払うべき税金が控除されることになります。したがって基本的な構造は名産品を安く購入することと考えられます。最近は贈答品が豪華すぎるということで問題になったため贈答品の見直しを行った地方自治体もありました。

ふるさと納税制度を利用するに際してはいくら寄付をするかという問題があります。寄付を受けた自治体では寄付の金額によって贈答品を変えています。自治体としては寄付金と贈答品バランスをとっているわけです。ふるさと納税制度を利用して自治体に寄付をする側でも寄付金額によって所得控除が異なりますので、贈答品と税額控除のバランスを考えなければなりません。家族構成や配偶者控除の有無によって寄付金額を考えなければなりません。正確に計算をしようとするのであれば、現在はインターネットでふるさと納税を調べると家族構成や年収の設定をすることによって一番有効と思われる寄付金の額を自動的に計算してくれます。この計算をもとにしてどこに寄付をするかを贈答品の比較をしたうえで決めることが大事です。